銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの幕末歴史探訪…世田谷「松陰神社」
幕末を揺るがした黒船の来襲に対し、その国の知識を持って対応しようとした学者・吉田松陰(よしだしょういん)の門人たちが彼の死を惜しんで建立した神社を歩いてみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東急電鉄の路面電車・世田谷線を松陰神社前(しょういんじんじゃまえ)駅で下車し、松陰神社通り商店街を北へ300mほど進むと交差点の先に見えてくるのが「松陰神社」です。
駐車場も20台ほどあるそうなのですが、都心の閑静な住宅密集地と言うこともあり、今回は東急線1日乗車券「東急ワンデーオープンチケット(大人660円/子ども330円)」を利用してのんびりと電車旅での訪問です。
DSCF1400_201702050846543ed.jpg

松陰神社はその名の通り「吉田松陰」を祀る神社で、主に学問のジャンルとして合格祈願に訪れるのがメジャーです。
2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」では、井上真央さんの演じる主人公・文(ふみ)の兄・吉田寅次郎(よしだとらじろう)を伊勢谷友介さんが演じましたが、この寅次郎が後に明治維新の志士たちを導く知識を残す吉田松陰(よしだしょういん)です。
DSCF1403_20170205084653291.jpg

本殿右手には平成28年秋に改修が終わったばかりの「松下村塾(しょうかそんじゅく)」が復元されていて、見どころの一つです。
江戸時代後期に長州藩(現・山口県)の生まれで長州藩の兵学師範の家に養子に入った寅次郎は、わずか9歳で兵学師範に就任し11歳で藩主・毛利慶親(もうりたかちか)に御前講義を行うほどの神童でした。
DSCF1408_201702050846526b7.jpg

1840年に清(現中国)がイギリスとの阿片戦争に敗れたことを知ると、西洋兵学を学ぶため長崎、そして江戸の佐久間象山(さくましょうざん)に師事しました。
嘉永6年(1853年)にペリーが浦賀(現神奈川県)に来航すると、佐久間象山と黒船を遠望観察して西洋の先進文明に心を打たれました。
DSCF1409.jpg

嘉永7年(1854年)にペリーが日米和親条約締結の為に再航した際に、漁民の小舟を盗んで旗艦ポーハタン号に乗船しましたが渡航を拒否されて自首、実家に幽閉となり、その際に「松下村塾」にて、のちの倒幕や明治政府の中核となる偉人たちを輩出することとなります。
この中には妹の夫となる久坂玄瑞(くさかげんずい)、奇兵隊の高杉晋作(たかすぎしんさく)、4度内閣総理大臣を担った伊藤博文(いとうひろぶみ)、陸軍軍人で2度の内閣総理大臣を務めた山縣有朋(やまがたありとも)など数多くの門人が名を残します。
DSCF1412_20170205084651719.jpg

こののち、倒幕を唱えるようになった松陰は、安政6年(1859年)に江戸に檻送になり伝馬町牢屋敷(現東京都中央区立十思公園)に投獄され、同年に30歳の若さで斬首刑となりました。
DSCF1411_20170205084649d68.jpg

境内左手の墓域には、吉田松陰の墓碑があります。
DSCF1418_201702050849049e2.jpg

斬首された吉田松陰の墓所として文久3年(1863年)、高杉晋作、伊藤博文らは亡骸を千住小塚原回向院から世田谷若林大夫山の楓の木の下に改葬し、松陰の御霊の安住の所としました。
DSCF1416.jpg

元治元年(1864年)の禁門の変の後、長州征伐の際に幕府によって松陰の墓は破壊されましたが、同郷の木戸孝允(きどたかよし)らの手により明治元年(1868年)に墓を修復し、長州藩邸没収事件関係者の慰霊碑を建立し、翌明治2年には旧長州藩士らの働きかけにより墓域は完成しました。
DSCF1417.jpg

ズキマル君とは山口県の松下村塾にも訪問したことがありましたが、こちらは吉田松陰終焉の地として、新たな時代の始まりを感じられるスポットです。
ついでに受験生のモカさんの合格祈願をしつつ、東京近郊の歴史スポットに近代日本創世の英雄たちを思い描きました。


□松陰神社
 TEL:03-3421-4834
 東京都世田谷区若林4-35-1
 開館時間 7:00-17:00
 休館日:無休
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの幕末歴史探訪 を表示



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/01/14 10:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5924-aa85a2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)