銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの古城めぐり…桶川「三ツ木(みつぎ)城址」
桶川市に城跡の様相を残す大きな公園があると聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR高崎線の桶川(おけがわ)駅の西口を出て県道57号線を西へ2.6キロ進み、合流する県道12号線を西へ1.2キロ進むと北側に見えてくる公園は「城山公園」です。
大きな入口の奥に駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF1575.jpg

この公園は、三ツ木(みつぎ)城址であると言われ、公園北西の水路付近の北側に発掘調査中で歩くことができないエリアとなっていました。
DSCF1572_20170224080901361.jpg

発掘エリア手前の南側の鬱蒼とした森の手前に三ツ木城に関する解説版が用意されています。
DSCF1570_2017022408090040e.jpg

昭和44年(1969年)に県選定の重要遺跡に指定されているそうですが、50年も経過した今になって何やら本格的な調査がなされているようです。
DSCF1576_20170224080859651.jpg

築城については、鎌倉時代に源頼朝(みなもとのよりとも)に仕えた藤原氏・足立遠元(あだちとおとも)または、その後の室町時代に岩槻城・太田氏に仕えた石井(いしい)氏によるものとされています。
足立氏・石井氏ののちの戦国時代にはあまり重要視されなかったようで、北条氏支配時代の遺構が発見されていないそうです。
DSCF1577_201702240808585ad.jpg

ところで、実際の本丸跡とされる場所は公園内ではなく、googleマップで記載される「出入口5」の付近の山を登ったあたりのようです。
すごい藪を登ってみたのですが、その先は畑と民家の私有地エリアで、写真を撮影させていただくのはやめておきました。
DSCF1578_201702240808576cd.jpg

発掘調査についての詳細が記載されていなかったのですが、ひょっとしたら、今後は新たな史実が発見され、常識を覆してくれるかもしれません。
また、改めて再訪することを心に誓い、未だ解明されない謎の城の歴史を思いつつ、のんびりと歩いてくつろぎの時間を過ごしました。


□三ツ木(みつぎ)城址(城山公園)
 TEL:0487‐86‐5881(管理事務所)
 埼玉県桶川市川田谷2839-11(管理事務所)
 開放時間 常時開放
 休館日:無休
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの古城巡り を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/01/28 14:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 
関連記事

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5939-c639d719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)