銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…清澄白河「深川江戸資料館」
東京下町の歴史を歩きながら巡ってみようとズキマル君と深川周辺を歩いてみることにします。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

都営地下鉄大江戸線・東京メトロ半蔵門線の清澄白河(きよすみしらかわ)駅A3出口を南に100mほど進み、清澄庭園前の交差点を東に入ると通り沿いには「深川江戸資料館」の行燈が見えてきます。
DSCF1889_201704100745495ea.jpg

その通りを西に150mほど進むと北側に見えてくるのは「深川江戸資料館」です。
無料の駐車場が6台あるのですが、休日はほとんど満車と言うこともあり、公共交通機関でのアクセスが良いので電車で訪問した方がゆっくり楽しめそうです。
入館料は大人400円子ども50円が必要となり、区内に3個所ある「芭蕉記念館」・「中川船番所資料館」とセットで楽しめる「三館共通入館券」ならば大人500円子ども100円(初回使用から1年間有効)でリーズナブルに利用が可能です。
DSCF1890_20170410074548d77.jpg

館内は1階がフロント、2階に小劇場(イベント開催時別料金)がありますが、メインの展示は地下1階の江戸時代の生活風景です。
DSCF1892_20170410074547c19.jpg

館内に作られた町並みは天候や時間を照明や音で表現しており、何だか本当にタイムスリップしたかのような雰囲気を感じることができます。
DSCF1895_2017041007454661f.jpg

京都・三重・栃木などにある時代劇施設とは違うのでちょんまげや髪結いに着物の人たちがいるわけではなく、建物とその設備があるだけなので、少々「神隠し」や「廃村」のようにも感じてしまいますが、そんな怖い話をズキマル君にすると不機嫌顔になってしまいました(笑)
DSCF1897_20170410074546c79.jpg

タイミングが合いませんでしたが、館内の櫓前では毎週末いろいろなイベントをしているそうで、そのあたりも再訪して見学したくなりました。
DSCF1899_20170410074544248.jpg

丸1日かけて楽しむような場所ではありませんが、ぼーっと見学するよりはスケッチブックを持って訪問したくなります。
ノスタルジックと言うには古すぎる風景のはずなのに、懐かしさの残る景色を感じに、天気を気にせず楽しめるスポットです。


□深川江戸資料館
 東京都江東区白河1-3-28
 TEL:03-3630-8625
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:第2・4月曜日、年末年始(12/29~1/3)
 大人400円子ども50円
 駐車場あり(無料6台)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/03/19 14:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5974-d2b67eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)