銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…君津「漁業資料館」
内房の工業地帯に古い産業の歴史を物語る博物館があると知り、ズキマル君とあさイチで訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR内房線の青堀(あおほり)駅の北口ロータリーから北に出て国道16号線を北東に1.4キロ、歩道橋のある交差点のひとつ東側のY字路を北側から大きく西へ戻るように路地を入ると見えてくるのが「君津市漁業資料館」です。
最寄駅からはほどほどの距離なので徒歩でも何とか歩けますし、駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF1935_20170412074825f4a.jpg

何でも、君津市が漁業中心から工業中心に発展した時期に、当時の生活の歴史を残そうと、地元の有志で当時の道具などを展示したのが始まりだそうです。
DSCF1936_20170412074825001.jpg

立派な資料館ですが入館料は大人子ども共に無料なのでおサイフに余裕がない時でも安心して訪問できます(笑)
また、資料館の説明書とともに試食用の海苔まで頂くことができます。
DSCF1940.jpg

2階建ての館内には一階ロビーで受付をして正面のジオラマと解説音源で産業の変遷を理解してから階段で二階へ上がります。
天窓からの太陽光とともにスポットライトを浴びる胸像は「近江屋甚兵衛(おおみやじんべい)」さんだそうで、君津にノリの養殖技術をもたらした方だそうです。
DSCF1937_2017041207482480c.jpg

この海苔の養殖で、江戸時代以降の君津は大きく発展し同時に多くの人たちに利益をもたらすこととなりました。
DSCF1938_20170412074823f6b.jpg

作業の様子は精巧な蝋人形で再現されており、息遣いさえ聞こえてきそうでちょっとコワいほどです。
DSCF1939_20170412074822cc1.jpg

海苔と言う身近な食べ物にターゲットを絞ったかなりマニアックな内容ですが、それゆえに夏休みの自由課題のネタなどにも良さそうです。
静かでゆっくりできる資料館なので、自分を見つめなおしたい機会にも利用できそうです。


□君津市漁業資料館
 千葉県君津市人見1294-14
 TEL:0439-55-8397
 開館時間 9:00-16:30
 休館日:月曜日、年末年始ほか
 入館料:無料
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/02 9:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5982-718ebaf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)