銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でおでかけ…草加「草加市歴史民俗資料館」
埼玉のベッドタウン草加に、ノスタルジックな時代を懐古させる資料館があると聞き、訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

東武スカイツリーラインの草加(そうか)駅の東口から、線路沿いに路地を北へ450mほど進むと見えてくる鉄筋コンクリート製の旧校舎のような建物が「草加市歴史民俗資料館」です。
DSCF1985_201704220742120e4.jpg

見た目通り、古くは「草加小学校西校舎」だったそうで、ひょっとしたら門をくぐった先の砂利敷きのスペースに1台くらい駐車できるのかもしれませんが、駐車場とは書かれていないため利用は控えました。
DSCF1984_20170422074211b63.jpg

春には桜が咲き乱れ、何となく入学式シーズンと重ね合わせて思い浮かび、美しい風景が目と心を打ちます。
DSCF1983.jpg

館内は2階建てで右回りに1階展示室を見たら2階に上がり一巡したら1階に降りられます。
草加の歴史資料や民俗資料が展示されていて、収蔵品には、丸木船(縄文時代前期)、土器(古墳時代)、古文書、板碑(鎌倉時代)、農具、大川家復元模型などがあります。
DSCF1986_201704220742093cb.jpg

また、展示品の中には直接手に取ることができるものもあり、アンモナイトの大きな化石などは子どもの興味を引くアイテムです。
DSCF1988_2017042207420849f.jpg

もうひとつ、ズキマル君が気に入って30分も続けていたのが館内右手階段踊り場にある火打石体験で、時々成功する火花を起こすために、ひたすら医師と金属をこすり合わせて楽しんでいました。
DSCF1990_20170422074207f03.jpg

駅の近くにありながら無料で比較的入館者数も少ないので、ゆっくりと楽しめるのが特徴です。
学校の敷地と併設しているため、時々聞こえてくる子供たちの笑い声が、なんだか学校に戻ったような気持ちを呼び起こし、展示品とともに懐かしい気持ちにいざなわれます。


□草加市歴史民俗資料館
 埼玉県草加市住吉1-11-29
 TEL:048-922-0402
 開館時間 9:00-16:30
 休館日:月曜日、年末年始(12/29~1/3)
 入館料:無料
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/08 10:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

関連記事

テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/5986-d58aca13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)