FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2017・南房パラダイス(130/168・千葉)
夏は海水浴やサーフィンに、冬場は温暖な気候のため花摘みなどでにぎわう南房総には、南国を思わせる大きなテーマパークがあります。
当ブログではライフワークとなりましたゴールデンウィークから11月末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2017」(開催期間平成29年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」と「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が168箇所と大ボリュームのため、後半になると期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないこともありますが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2017」の訪問130箇所目は、千葉県にある道の駅「南房パラダイス」です。
JR内房線の館山駅から南に向かって海沿いの県道257号線房総フラワーラインを走っていると海岸の向かいに見えてきます。
経営会社が変わり併設する遊園地の名前が「南房パラダイス」から「アロハガーデンたてやま」に変更されたのですが、道の駅の名前は「南房パラダイス」のままです。
DSCF3482_201712220751094f2.jpg

まずは道の駅を盛り上げる「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」を見てみましょう。
少しだけアメリカのスポンジキャラのアニメに出てきそうに感じてしまうのは「ダッペエ」です。
ダッペエは千葉県館山市出身で2010年から「館山ふるさと大使」に委嘱される文原聡(ふみはらさとし)さんが生み出しました。
房総の方言「~だっぺ!」が名前の由来で、「ワンワン」ではなく「ペェペェ」と吼え、喋る時は語尾に必ず「っぺ!」がつきます。
家系は里見八犬伝の犬「八房(やつふさ)」の親戚の末裔(まつえい)の知り合いの親戚とのことで、作り込まれた伽羅設定に今後の活躍が楽しみです。
DSCF3483.jpg

道の駅の周辺のことがよくわかる「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」で、さらに深くこの地域について考えてみましょう。
訪問したのは「館山市立博物館(千葉県館山市館山351-2)」です。
館山市立博物館は戦国大名里見氏の居城跡である城山公園内に設立された郷土の歴史と民俗の博物館で、本館と分館に分かれていますが、共通チケットは大人400円子ども200円となっており、分館は館山城模擬天守となっています。
DSCF3484.jpg

本館では、史実の里見氏をメインに展示し、地域の歴史博物館として安房地方の歴史や民俗資料を収集し展示しています。
海を越えての交流が大きな要素となって展開した安房地方の歴史について、原始・古代の安房を探るコーナーにはじまり、対岸の鎌倉との関わりの中で育まれた中世文化や、東京湾の利権をめぐる抗争をしながら江戸時代初めまで安房を支配した戦国大名里見氏の興亡、里見氏滅亡後の江戸時代の人々のくらしなどを解説しています。
DSCF3485.jpg


□道の駅南房パラダイス(アロハガーデンたてやま
 住所:千葉県館山市藤原字平砂浦1495
 TEL:0470‐28‐1511 
 開設時間 午前9~午後5時
 休館日:なし
 標高:8m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):○
 公園:近
 試食:多
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:デカ盛ダイニングおはな館山店(約12km)・鏡軒ノ味(約12.5km)
 近隣の史跡:館山城址
◆近隣の資料館:館山市立博物館(本館)
 千葉県館山市館山351-2
 TEL:0470-23-5212
 開館時間 9:00-16:45
 休館日:月曜日、年末年始
 入館料:大人300円子ども150円
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・99箇所目「南房パラダイス」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・南房パラダイス(140/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・南房パラダイス(151/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・南房パラダイス(062/161・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2016・南房パラダイス(054/165・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全168駅のスタンプを押して回ります。
※「ヘルシーテラス佐久南」は今回は対象外です。
DSCF2099_20170507172643c4c.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると抽選で100名に特産品引換券1,000円相当が、20箇所押して応募すると抽選で200名に特産品引換券2,000円相当が当たります。
また「168駅短期集中」完全制覇コースは、全駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2017年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2017/12/9 10:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/6229-43ce448b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)