FC2ブログ
銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















関東「道の駅」スタンプラリー2017・めぬま(139/168・埼玉)
情報館2階で女性の社会進出について解説する道の駅は、世界的にも遅れる今後の日本のあるべき姿を発信してくれています。
当ブログではライフワークとなりましたゴールデンウィークから11月末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2017」(開催期間平成29年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」と「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が168箇所と大ボリュームのため、後半になると期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないこともありますが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2017」の訪問139箇所目は、埼玉県にある道の駅「めぬま」です。
埼玉県熊谷市を縦断する国道407号線彩甲斐街道を熊谷駅方面から群馬県に向かって進むと東側に大きな駐車場が見えてきます。
IMG_0484.jpg

まずは道の駅を盛り上げる「道の駅のオリジナルマスコットはいるのかな?」を見てみましょう。
記名もなく、ネットで名前を探して回ったのはバラ園入口の看板に掲載される「えんむちゃん」です。
「縁結びのまち」のPRの一環として、縁結びの御利益で知られる妻沼聖天山にちなんで、くまがや市商工会妻沼支所が作成した公式縁結びキャラクターです。
アタマは妻沼聖天山の紋・二叉大根をモチーフに、顔と頬も錫杖もハート形、帯は水引で、手に持つ錫杖を振ってもらうと良縁が結ばれるかも?とされているそうです。
せっかくなので、ここにも縁結びのキャラクターとしてグッズ展開してくれればいいのに・・・とも思いましたが、2011年にお披露目されていますから、そろそろ終息傾向なのかもしれません。
IMG_0485.jpg

道の駅の周辺のことがよくわかる「近隣の資料館・博物館をチェックしよう!」で、さらに深くこの地域について考えてみましょう。
訪問したのは幕末からの近代日本の経済推進に注力した偉人を称える「渋沢栄一記念館(埼玉県深谷市下手計1204)」です。
駐車場無料で入館料も無料の資料館で、市民の憩いのスポットとなっています。
IMG_0476.jpg

渋沢栄一(しぶさわえいいち)は天保11年(1840年)に現在の埼玉県深谷市の農家に生まれ、京都に出て後の15代将軍・一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)に仕え、一橋家の家政の改善などに実力を発揮まsた。
栄一が27歳の時、将軍となった慶喜の実弟・徳川昭武(とくがわあきたけ)に随行してパリの万国博覧会を見学するほか欧州諸国の実情を見聞し、先進諸国の社会の内情に広く通じました。
明治維新後に欧州から帰国した栄一は「商法会所」を静岡に設立、その後明治政府の大蔵省に招かれました。
明治6年(1873年)に大蔵省を辞した後、栄一は一民間経済人として活動し、「第一国立銀行」の総監役として活躍しました。
銀行業務を基点に、日本における株式会社組織による企業の創設 ・育成に力を入れ、生涯に約500もの企業に関わったといわれ、栄一の生涯において約600の教育機関 や社会公共事業の支援並びに民間外交に尽力し、昭和6年(1931年)に91歳の生涯を閉じました。
IMG_0478.jpg


□道の駅めぬま
 住所:埼玉県熊谷市弥藤吾720
 TEL:048-567-1212
 開設時間 午前10時~午後6時
 休館日:第1水曜、12月30日~1月3日
 標高:29m
 ウォシュレット:館内のみ
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:小
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:元祖田舎っぺうどん厨房店(約4.5km)・TOMI (トミ)(約5.7km)
 近隣の史跡:忍城
◆近隣の資料館:渋沢栄一記念館
 埼玉県深谷市下手計1204
 TEL:048-587-1100
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:年末年始ほか
 入館料:無料
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・80箇所目「めぬま」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・めぬま(011/147・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・めぬま(044/154・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・めぬま(060/161・埼玉)
関東「道の駅」スタンプラリー2016・めぬま(138/165・埼玉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全168駅のスタンプを押して回ります。
※「ヘルシーテラス佐久南」は今回は対象外です。
DSCF2099_20170507172643c4c.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると抽選で100名に特産品引換券1,000円相当が、20箇所押して応募すると抽選で200名に特産品引換券2,000円相当が当たります。
また「168駅短期集中」完全制覇コースは、全駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2017年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2017/12/23 09:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


関連記事

テーマ:道の駅探訪記 - ジャンル:旅行


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://ekcamp.blog.fc2.com/tb.php/6245-a1ad4070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)