銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















銀色テントむしの家族でお出かけ…木更津「金のすず(郷土博物館)」
千葉県の中腹部・木更津を散策していて、訪問していなかった博物館を思い出して、ズキマル君と見学に向かいます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR内房線の木更津(きさらづ)駅の東口から県道222号線を約900m、県道23号線に変わる交差点を直進し1本目の細い路地を北に入ると坂の先に見えてくるのは太田山公園に併設する「木更津市郷土博物館・金のすず」です。
駅からやや距離がありますが、無料の駐車場もあるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF1941_20170419081539313.jpg

入館料は大人200円、子どもは無料で時々無料開放日があります。
訪問日は桜が咲きだした時期だったため、公園で桜祭りが実施されており、なんと無料で見学することができました。
DSCF1942.jpg

房総半島の中央部に位置する木更津には、古墳時代(西暦250年~600年代末頃)に多くの古墳が築かれました。
昭和25年(1950年)に行われた発掘調査で前方後円墳「金鈴塚古墳」から貴重な資料が数多く出土しており、これらがこの博物館に展示されています。
DSCF1944_2017041908153700e.jpg

博物館の愛称である「金のすず」は、当時としては珍しい装飾馬具の「金鈴」が発掘されたものに因んでおり、当時の時代背景を含めた「鶏冠頭大刀」や「金銅装環頭大刀」などの重要文化財を中心に、古墳からの出土品が展示されていて、研究成果を楽しむことができます。
DSCF1943.jpg

民俗としては、漁業が盛んだった江戸時代の海苔づくりについても詳しく解説されており、古代から近世までの木更津を含む房総の歴史について楽しむことができます。
DSCF1945_20170419081535f63.jpg

屋外施設の「旧安西家住宅」は建築当時のおもむきを残す建物で、近隣の子どもたちが訪問しやすいようなイベントが数多く催されているそうです。
DSCF1946_20170419081534c1c.jpg

大きな太田山公園は地域としては高台にあり、眺めが良いのが特徴で、家族連れやカップルも多く訪れるスポットです。
次の天気のいい休日に、ちょっとお弁当を持って公園と博物館を楽しむ…なんてプランを検討してみてはいかがでしょう。


□木更津市郷土博物館金のすず
 千葉県木更津市太田2-16-2
 TEL:0438-23-0011
 開館時間 9:00-17:00
 休館日:月曜日、年末年始ほか
 入館料:大人200円子ども無料
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/02 10:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行

銀色テントむしでデカ盛り…972軒目・木更津「福のじ」
以前、市原五井で惜しまれながらのれんを下したデカ盛り店「福のじ」が、木更津の郊外に復活したとのうわさを聞き、ズキマル君と訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR久留里線の上総清川(かずさきよかわ)駅から北側の国道410号線房総横断道路を西へ100mほど進み、清川交差点から県道146号線を北へ1.9キロ、変則Y字路の東側を見ると目に入るのが「福のじ」です。
最寄駅からやや距離がある農業エリアにありますが駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF1964_20170418080425a2c.jpg

以前、五井でデカ盛り天丼やうな丼を提供し、その後、ラーメン一本に転向しながら惜しまれつつ店をたたんでしまい、悲しんでいたのですが、ご主人が一大奮起し、場所を変えて時間も縮小しての復活だそうです。
店内には8人掛けのテーブルが2つと4席ほどのカウンター席があります。
入口すぐの8人掛けを相席でお借りしてメニューを眺めます。
DSCF1965_20170418080424231.jpg

個人的に懐かしいボリュームメニューは五井店時代からの名残を感じるチャーシュー麺です。
原価無視なのではないかと思うほどの肉の重量…今も変わらずのボリュームのようです。
DSCF1966_201704180804232c6.jpg

まずはズキマル君が軽めのメニュー「福のじ特製カレー(税込500円)」を注文します。
DSCF1967_201704180804225ea.jpg
運ばれてきたのは…ご飯にたっぷりのほぐしチャーシューが混ざった1合ほどのご飯に、これまた肉たっぷりの濃厚カレーがかかっています。
サイドメニュー的なボリュームかと思ったら、肉がたっぷり入っているため普通盛りでも十分に胃に溜まります。
ラーメンがメインの店なのに、カレーだけで食べに来たくなるほどの出来栄えです。
うーん、大盛りにしておけばよかったかとちょっと悩みます(笑)

そんな悩みを払拭するメインメニューはやっぱり「原始人骨付チャーシュー麺大盛り(税込980+100円)」です。
DSCF1968_20170418080421ef9.jpg
麺の太さは「中太」を選んでみたのですが、ひょっとして常連になると「極太」なども選択できるのかもしれません。
とは言え、「中太」でも細めのうどんほどあるので、十分食べごたえがあります。
スープはいわゆる「房総竹岡式」のどす黒く濁った醤油スープなのですが、見た目よりもあっさりしています。
これに普通のラーメンだと別途50円かかる「やくみ」の刻み玉ねぎがたっぷり載っています。
「原始人骨付」のチャーシューは部位にもよるのでしょうが、本当に骨周りの肉がついているわけではありません。
しかし、この肉が舌の上でとろけるように恐ろしく柔らかい!!
ただ、重量がハンパないため、箸で持ち上げようとすると崩れるかもしれません。

かなりのハイペースで満腹中枢を刺激させずに一気に食べすすめたのですが、チャーシュー半分ほどがのどを通りません。
すると、相席だったご夫婦の奥さんに「私も前回食べきれなかったけど、言えば袋を貰えるわよ。」と教えてもらいました。
早速、厨房に声をかけてみると、ビニール袋を2枚もらい、汁もれなく持ち帰るパック詰めをすることが出来ました。

今回は単品メニューでのチャレンジでしたが、セットメニューのボリュームはさらにスゴそうで、ガテン系のお兄さんたちがヒーヒー言いながら完食を目指していました。
デカ盛りラーメンの名店の復活にお礼を言って、再訪を誓い、ズキマル君とお土産のチャーシューを片手に大満足で店を後にしました。


□福のじ
 TEL:携帯番号なので店舗でご確認ください
 千葉県木更津市井尻1010
 営業時間 11:00~15:00
 定休日:月曜日、木曜日
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪
また、最近のズキマル君の写真は「イエス!フォーリンデブ★」のはっしーさんに感化されています。

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/02 13:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ

銀色テントむしの家族でお出かけ…君津「漁業資料館」
内房の工業地帯に古い産業の歴史を物語る博物館があると知り、ズキマル君とあさイチで訪問してみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR内房線の青堀(あおほり)駅の北口ロータリーから北に出て国道16号線を北東に1.4キロ、歩道橋のある交差点のひとつ東側のY字路を北側から大きく西へ戻るように路地を入ると見えてくるのが「君津市漁業資料館」です。
最寄駅からはほどほどの距離なので徒歩でも何とか歩けますし、駐車場があるのでクルマでの訪問も安心です。
DSCF1935_20170412074825f4a.jpg

何でも、君津市が漁業中心から工業中心に発展した時期に、当時の生活の歴史を残そうと、地元の有志で当時の道具などを展示したのが始まりだそうです。
DSCF1936_20170412074825001.jpg

立派な資料館ですが入館料は大人子ども共に無料なのでおサイフに余裕がない時でも安心して訪問できます(笑)
また、資料館の説明書とともに試食用の海苔まで頂くことができます。
DSCF1940.jpg

2階建ての館内には一階ロビーで受付をして正面のジオラマと解説音源で産業の変遷を理解してから階段で二階へ上がります。
天窓からの太陽光とともにスポットライトを浴びる胸像は「近江屋甚兵衛(おおみやじんべい)」さんだそうで、君津にノリの養殖技術をもたらした方だそうです。
DSCF1937_2017041207482480c.jpg

この海苔の養殖で、江戸時代以降の君津は大きく発展し同時に多くの人たちに利益をもたらすこととなりました。
DSCF1938_20170412074823f6b.jpg

作業の様子は精巧な蝋人形で再現されており、息遣いさえ聞こえてきそうでちょっとコワいほどです。
DSCF1939_20170412074822cc1.jpg

海苔と言う身近な食べ物にターゲットを絞ったかなりマニアックな内容ですが、それゆえに夏休みの自由課題のネタなどにも良さそうです。
静かでゆっくりできる資料館なので、自分を見つめなおしたい機会にも利用できそうです。


□君津市漁業資料館
 千葉県君津市人見1294-14
 TEL:0439-55-8397
 開館時間 9:00-16:30
 休館日:月曜日、年末年始ほか
 入館料:無料
 駐車場:あり(無料)


より大きな地図で 銀色テントむしの家族でおでかけ を表示

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/02 9:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 


テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行