銀色テントむし660
デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントムシ」です。家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します。
プロフィール

ekcamp

Author:ekcamp
アメブロの銀色テントむし660の下書き(写真リンク元)ブログです。
下書きなので、アメブロには記載していない記事もあります。
また、古い記事はアップ日が間違っている場合がありますがご容赦ください。



検索フォーム



今までに読み頂いた方



今お読み頂いている方

現在の閲覧者数:



最新記事



カテゴリ



最新コメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



気になるアレコレ





















名城100選スタンプラリー・61箇所目「高岡城」
関東道の駅スタンプラリーのシーズンに入ってしまいましたが、今週は一息ついて北陸を歩きます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

皆さんは「日本100名城公式ガイドブック」と言うのがあるのをご存知ですか?
財団法人「日本城郭協会」が選定した100の城や城跡を巡る際に、スタンプブックにスタンプを押していくと言うものです。
このスタンプブックは有料でしかも景品がありません(笑)
しかし、どうせ城巡りが趣味なのでせっかくならやってみようと思います。

参加するためには2007年5月発行の「日本100名城公式ガイドブック」を手に入れなければなりません。
お城で売っていない場合も多いので事前に入手しておく必要があります。
norizoは楽天で入手しました。
【送料無料】日本100名城公式ガイドブック

【送料無料】日本100名城公式ガイドブック
価格1,575円(税込、送料別)


※2012年4月に発売された「日本100名城に行こう(学研)」なら完全制覇すると、スタンプ帳に何番目の登録完了者かを記載してもらえると共に、日本城郭協会ホームページに達成者の名前を載せてもらえるそうです。
【送料無料】日本100名城に行こう

【送料無料】日本100名城に行こう
価格:600円(税込、送料別)


ガイドブックと綴じ込み付録のスタンプブックを切り離したら、それを持って「銀色テントむしで100名城巡り」に出発です。
DSCF1895.jpg

JR氷見線の越中中川(えっちゅうなかがわ)駅から県道44号線を西へ250mほど進むと大きなお堀の先に見えてくるのが「高岡城(たかおかじょう)」です。
富山県を代表する名勝ですが駐車場も入場料も無料です。
DSCF2200.jpg

高岡城は、富山城に隠居していた加賀藩初代藩主・前田利長(まえだとしなが)が慶長14年(1609年)、富山城下の火災で城内の建築物の大半を焼失したため将軍家に築城の許可を貰いました。
同年9月、利長は「関野」を「高岡」と改め、未完成の高岡城に入城しました。
DSCF2194_2017052106134456b.jpg

慶長19年(1614年)5月に利長が死去し、翌元和元年(1615年)には一国一城令により、高岡城は廃城とりました。
DSCF2198.jpg

跡地は廃城後も加賀藩の米蔵・塩蔵・火薬蔵・番所などが置かれ、軍事拠点としての機能は密かに維持されました。
利長の没後に菩提を弔うために建立された瑞龍寺や、周囲に堀を備える利長の墓所自体も、廃城となった高岡城の南方の防御拠点としての機能を併せ持つものとして配置されたそうです。
DSCF2193_20170521061345c93.jpg

廃城前に天守や櫓などが建てられていたかどうかは定かではなく、前田利長が高岡へ入城して3年後の時点では天守は築かれていなかったものと考えられています。
建築遺構は現存しておらず、現在当時を感じられるのは石垣の一部と井戸がメインとなっています。
DSCF2205.jpg

100名城に指定されたのは平成18年(2006年)で、富山県唯一の「100名城」です。
スタンプは「高岡市立博物館」の入口に設置されていて、博物館も無料で見学できます。
DSCF2202.jpg

公園内各所に高岡城の歴史を語る解説パネルが掲示されているので、のんびりと景色を眺めながら歴史についても学ぶことができます。
DSCF2181_20170519230634e7e.jpg


□高岡城(たかおかじょう)第33番
 訪問先名称:高岡古城公園
 TEL:0766-20-1572(高岡市立博物館)
 住所:富山県高岡市古城1-5
 開館時間:9:00-17:00
 休館日:月曜、年末年始
 入場料:無料
 駐車場:無料
 通称:高岡城
 主な城主:前田利長
 スタンプ設置場所:高岡市立博物館


より大きな地図で 銀色テントむしの日本100名城 を表示

見どころ
遺構:堀、石垣
再建造物:なし

ワンポイント
春はソメイヨシノを中心に、コシノヒガンザクラ、エドヒガンザクラ、ヤマザクラなど18種約1800本の桜が咲き誇り、日本さくら名所100選に選定されている。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/05/03 11:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 

テーマ:城めぐり - ジャンル:旅行

銀色テントむしでSL巡り…高岡市「C11217」
久々に大きな連休が取れたので、ズキマル君を連れて下道で富山県高岡市にやってきました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR氷見線の越中中川(えっちゅうなかがわ)駅から南側を東西に走る県道44号線に出て西へ100m強、中川交差点から城跡の堀沿いに南へ200mほど進み、堀の内側の高岡古城公園に入ります。
北側の駐車場とスポーツ会館を正面に右手を見ると、城跡の看板が見えてきます。
DSCF2181_20170519230634e7e.jpg

この公園の体育館の脇に、ノスタルジックなフォルムの黒い車両が見えてきます。
DSCF2182_20170519230633552.jpg

これが静態蒸気機関車「C11217」です。
関東では真岡鐡道で動態保存されている人気の蒸気機関車で、大井川鉄道でも2両が動態運転されています。
DSCF2184_20170519230633167.jpg

車輌の運転席には左右に階段が付いており、入口まで向かえますが扉が閉ざされていて機関室に入室することはできません。
DSCF2185_2017051923063201a.jpg

各部のパーツが整っていて保存状態も良いため、何だかちょっと修繕すれば動態運転できるのではないかと感じてしまいます。
DSCF2187_201705192306319bd.jpg

稼働を終えてこの地に設置されたのは昭和44年11月とのことで、すでに50年近く静態展示されているというのに、状態が素晴らしいのは地元の方と保存会の方々が大切にしてくださっているゆえでしょう。
DSCF2183.jpg


□高岡古城公園(C11217)
 TEL:0766-20-1563
 富山県高岡市古城1-1
 駐車場:あり


より大きな地図で 銀色テントむしの静態蒸気機関車マップ を表示

 ◇車歴(やまてつさん調べ)
  製造:1941年7月28日 日本車輌 No.975
  新製配備:1941年7月28日 多治見
  配置:1949年3月1日 名古屋
  配置:1961年3月31日 名古屋
  配置:七尾
  移動:1968年8月1日 富山第一高岡支区
  廃車:1969年9月4日 高岡

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/05/03 10:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)

 


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

銀色テントむしの大盛り…982軒目・森下「トナリ森下店」
都営地下鉄ぶらり旅をしていて、清澄エリアでお昼時を迎えてお腹が空いてきたので、森下駅で電車を降りてみます。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

都営地下鉄新宿線・大江戸線の森下(もりした)駅のA7番口を出て都道467号線を南へ1分ほど進むと2つ目の交差点の手前、西側に軒を構えるのが「トナリ森下店」です。
さすがに都心部と合って駐車場はありませんが、公共交通機関からの徒歩圏なのと近隣にコインパーキングもたくさんあるので、アクセスには困りません。
DSCF2176_2017051908174132e.jpg

店内に入ったら、まずは券売機でチケットを購入します。
席はカウンターのみで11席、チケットを渡したら厨房から案内された左から3番目と4番目の席をお借りして出来上がりを待ちます。
DSCF2178_20170519081740299.jpg

大盛りなどボリュームの素晴らしいメニューも多い中で、ちょっと胃袋に疲れを感じつつ、普通盛りメニューから通称「タンカラギョウ(税込890円)」と言う、タンメンと唐揚・餃子がセットになった人気メニューを注文してみます。
DSCF2179_2017051908173910f.jpg
普通盛りなので小ぶりのドンブリながら、炒め野菜が山盛りになったタンメンは、なかなか圧巻です。
かん水の効いた黄色い麺は、角が立つ太麺で、食べごたえ十分です。
焼き餃子が3個と人気のから揚げが2個セットになっているので、ハラペコでも十分満足できます。

ここのところの暴飲暴食で胃に疲れを感じるズキマル君は、ご無理を言って「ライス大(税込170円)」と「100円唐揚げ(税込100円)」を注文させてもらいました。
DSCF2180_20170519081738e60.jpg
通常はセットに追加する内容ながら大盛りご飯は小さめのドンブリのようなお椀にたっぷり1合弱です。
揚げたての唐揚は薄味ですが、肉汁たっぷりでご飯と合うことは言うまでもありません。
norizoのタンメンをおかずに、ライスをメインで食べすすめたズキマル君は、小学生らしくこのボリュームで十分に満足していました。

カウンターのみ11席の小さなお店なので、小さなお子さん連れでの訪問は難しいのですが、ちょっと食べ盛りを迎えた家族と訪問するならリーズナブルに満足できます。
次回は、体調を整えてもっとサイズの大きな料理に挑戦しようと心に誓い、お礼を言って店を後にしました。


□トナリ 森下店
 TEL:03-6659-5836
 東京都江東区森下1-5-11 山内ビル 1F
 営業時間 11:00~22:00
 定休日:年中無休
 駐車場なし


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪
また、最近のズキマル君の写真は「イエス!フォーリンデブ★」のはっしーさんに感化されています。

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ


2017/04/30 12:00 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 

テーマ:大盛&デカ盛り - ジャンル:グルメ